不倫と妊娠

既婚男性と未婚女性との不倫関係により、未婚女性が妊娠し中絶した場合、手術費用や通院費用がかかりますので、これらの中絶に要する費用は妊娠した未婚女性とその不倫相手である既婚男性の折半が原則です。つまり、既婚男性と未婚女性の不倫関係で未婚女性が妊娠し中絶する場合は、未婚女性から既婚男性に対して、中絶に要する費用半額の請求、及び、既婚男性の妻から未婚女性に対して、不倫の慰謝料請求が法律上可能です。

なお、未婚女性が中絶したことで精神的苦痛を受けたとしても、不倫相手である既婚男性に慰謝料を請求することは原則としてできません。なぜなら、妊娠した未婚女性が同意しない限り中絶は不可能なので、最終的には未婚女性も中絶に同意したことになりますから、それによって受けた精神的苦痛に対する慰謝料というものは発生しないからです。

ただし、未婚女性が出産を望んでいたものの、不倫相手である既婚男性あるいはその妻が未婚女性に中絶をお願いした場合などは、解決金という名目などで金銭が支払われることはあります。なお、この解決金は、法律上当然に支払わなければならない金銭ではありませんので、相場というものはありません。

ページの先頭へ