未成年者と不貞行為

不倫交際した相手方が、未成年者であった場合、大きく分けて、次の2つの問題点が生じることになります。

1.刑事罰との関係
2.民事責任との関係

未成年者が18歳未満の場合、各都道府県が制定する「青少年健全育成条例」によって、処罰されることがあり得ます。刑罰には、懲役刑が含まれ、想像以上に、重たいものです。同様に児童福祉法によっても、18歳未満の者に対する淫行について、処罰対象とされています。

処罰の対象とされるのは「淫行」であり、「淫行」とは、判例上「広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきでなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為」とされています。

したがって、結婚を前提とする場合はもちろん、そうではなくとも、純真な気持ちから交際し、性交渉があった場合には、処罰されないと、一般的には、考えられます。

次に、民事責任との関係ですが、性交渉が同意の下でなされて場合、その交際の性質や結末がどのようなものであろうと、相手方に損害賠償責任を追及することはできません。しかし、相手が18歳未満の未成年者であり、その思慮分別の浅さに付け込むような形で、交際し、性交渉に至った場合、たとえ同意のうえであっても、民事責任が生じえます。

ページの先頭へ