不倫と恐喝

不倫相手の配偶者に不倫がばれ、その配偶者から、脅迫的な対応をされる場合があります。

慰謝料請求をされることは仕方ありませんが、職場や親、家族にばらすと言われたり、死ねとか殺してやると言われたりすることがあるかもしれません。
このような言動は刑法第222条に規定されている脅迫に該当します。

刑法第222条(脅迫)には、「1 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。」と規定されています。

また、払わないと危害を加える、もしくは不倫のことを言いふらすと言って慰謝料を払わせたり、示談書に無理やり署名捺印をさせたりすれば、刑法第249条の恐喝になります。刑法第249条(恐喝)には、「1 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。」と規定されています。

脅して金品の要求をすれば恐喝ですし、危害のおそれを告げれば脅迫です。
不倫は民事上の問題ですが、脅迫や恐喝は刑事事件になります。脅迫や恐喝を受けたら、専門家や警察に相談しましょう。

ページの先頭へ