職場の上司との不倫

未婚女性と既婚男性との不倫関係を既婚男性が一方的に終わらせた場合、未婚女性から既婚男性に対して慰謝料の請求はできません。それは、不倫関係が法的保護に値しないからです。

そもそも、不倫関係というのは基本的に不倫された配偶者に対する不法行為に該当するものなので、このような不倫関係が解消されたことに対して法的保護を与えてしまうと、それは世の中の秩序や道徳に著しく反する(公序良俗に反する)ことになるからです。

しかし、例外的に勤務先の上司であるなど、自己の優越的地位を利用して不倫関係を強要されていた場合などは、不倫関係にあった未婚女性から勤務先の上司に対して慰謝料請求が認められる可能性があります。この理由は、不倫関係を作り、又は継続させることについて、勤務先の上司における違法性が著しく大きいからです。

ページの先頭へ