法律関連用語集

は行

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子 。

表見代理(ひょうけんだいり)

代理権限を有しない者が本人に無断で代理行為を行ったような場合に、一定の要件をみたすことを条件として、有効な代理行為があった場合と同様に扱うこと。

付款(ふかん)

条件や期限のように、法律行為から生じる効果を制限するために、表意者が特に付加する制限。

不完全履行(ふかんぜんりこう)

債務の履行がなされたが、債務者の故意又は過失により、その履行が完全なものでないこと。

不真正連帯債務(ふしんせいれんたいさいむ)

原因は異なるが、数人が同一内容の給付をなす債務を負担すること。

不貞行為(ふていこうい)

配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を持つこと。

不当利得(ふとうりとく)

法律上の原因がないのに利益を受け、それにより他人に損失を与えること。

不法原因給付(ふほうげんいんきゅうふ)

愛人契約における支払いのように、不法な原因に基づき行なった給付。

不法行為(ふほうこうい)

ある者が他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為。

弁済(べんさい)

債務の内容たる給付を実現させる債務者その他の者の行為。

片務契約(へんむけいやく)

一方だけが債務を負担し、相手方がこれに対する対価的な義務を負わない契約。

保証人(ほしょうにん)

主たる債務者が債務を履行しない場合に、その者にかわって履行すべき債務(保証債務)を負う者。

ページの先頭へ