風俗店等で働くものとの不倫

不貞行為とは、最高裁の判例によれば、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」とされていますから、仮にソープランドその他の風俗店等であっても、夫婦間においては「貞操義務」に違反しており、「不貞行為」に該当します。
もっとも、不貞行為とは、厳密には「姦通」行為のことをいいますから、通常の風俗店など、本番行為を禁止しているお店においては、そのような行為は、少なくても建前上は無いでしょう。

ただし、「不貞行為」には該当しなかったとしても、風俗通いが、健全な夫婦生活の維持に支障をきたすなら、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚原因になりますし、慰謝料請求される可能性はあります。

なお、それらの問題は配偶者に対してのものであり、その相手(風俗嬢)に対しては、慰謝料請求することは、通常は不可能でしょう。風俗嬢は、あくまで、対価を受け取って業務(サービスの提供)を行なっているに過ぎませんので、既婚者であるかの調査義務なども無く、不法行為と評価される可能性は、ほとんどないからです。もちろん、顧客とサービス提供者という「業務」の枠を超え、私的に親密な関係に発展した場合には、不法行為責任を負う可能性はあります。

ページの先頭へ