ご依頼の流れ

ご依頼の流れ(面談対応)

<お問い合せ>

  • お電話又はメールでお問い合わせください。
  • 料金や業務に関すること等、どんなことでもお尋ねください。また、当事務所から、ご相談内容の概要をお聞きします。

矢印

<ご予約>

  • 面談のご予約をしてください。
  • 日時を打ち合わせます。
  • メール・お電話による手続をご希望の場合は必要ありません。

矢印

<ご来所>

  • 面談によるご相談は基本的には当事務所でお受けいたしますが、面談の場所をご指定いただいても結構です。

矢印

<料金及び業務に関するご説明>

  • お客様にご納得していただけるだけのご説明をいたします。
  • ご不明な点がおありでしたら、どんな些細なことでもお尋ねください。

矢印

<ご相談>

  • お客様のお悩みをお客様が納得されるまでお伺いします。
  • お客様のお悩みの問題点の整理をします。
  • 解決への道筋、方向性の確認をします。
  • 問題解決へのアドバイスをいたします。
  • 書類作成にかかる費用についてお見積りし、お見積書を発行いたします。

矢印

<書類作成の正式なご依頼・着手金のお支払い>

  • 書類作成に関して正式にご依頼をされた時点で、書類作成に関する契約が成立したことになります。
  • 書類作成費用の30%にあたる着手金を現金又は銀行振込でお支払いしていただきます。
  • 着手金のお支払いを確認できしだい、速やかに業務に着手いたします。

矢印

<業務の遂行>

  • 書類作成をご依頼された場合、完成予定日をお知らせします。
  • 業務開始後は、ご依頼された業務に関するご相談をいつでもお受けいたします。
  • 業務完了まで長期間を要する場合、当事務所から状況報告をいたします。
  • 「ご相談」のみの場合は、ご相談終了時に料金をご精算していただき、終了となります。

矢印

<書類のお渡し・残金のお支払い>

  • お客様のご要望に従い、当事務所が作成した書類を、お客様に直接、郵送、又はメールにて、ご提示、お渡しします。
  • お客様に書類をお渡しした時点で、書類作成費用の残額を、現金又は銀行振込でお支払いいただき、領収書を発行いたします。

矢印

<書類内容の修正>

  • お客様のご要望に従い、書類内容の修正を何度でも無料でいたします。

矢印

<業務完了>

  • 書類の内容について、お客様にご納得いただけた場合、完成書類として、お客様に直接、郵送、又はメールにて、お渡しし、業務完了となります。

矢印

<アフターフォロー>

  • 書類の内容について、ご不明な点がありましたら、どんなことでもお尋ねください。

内容証明に関する業務遂行の流れ

<内容証明原案作成に必要な情報聴取>

  • 内容証明郵便で相手方に請求するために必要な情報、すなわち、相手方住所・氏名、請求内容などの基本情報から請求の根拠・背景事情などの詳細な情報にいたるまで、お聞きします。
  • お客様のお気持ちをくみ取ります。
  • お客様が内容証明による請求をするうえで必要な注意事項を、当事務所から、お話しします。

矢印

<内容証明原案の作成>

  • お客様との話し合いの結果に従って、内容証明原案を作成いたします。
  • 作成にかかる日数は、通常、2日から3日です。

矢印

<作成した内容証明原案のご提示、ご確認、修正>

  • 作成した内容証明原案をご提示し、内容についてご確認していただきます。
  • 修正をご希望される場合は、基本的に、その場で修正いたします。
  • 内容証明原案をお渡しした時点で、内容証明原案作成費用、及び、郵便局での提出手続きの代行をご依頼された場合はその費用のうち、着手金を除いた残金について、お支払いしていただきます。
  • 認印でかまいませんので、ご印鑑をお持ちください。郵便局へ提出する際に必要となるため、ご印鑑をお預かりいたします。

矢印

<内容証明原案の完成>

  • 内容証明原案の内容について、お客様にご納得いただけた場合、その日のうちに、内容証明郵便の書式にしたがった加工をいたします。

矢印

<郵便局への提出>

  • 内容証明原案が完成した翌日(翌日が土曜日・日曜日の場合は翌月曜日)に、郵便局へ提出いたします。

矢印

<返還物のお渡し及び精算>

  • 直接又は郵送で、内容証明郵便のお客様控え分及び郵便局発行の領収書をお渡しし、ご印鑑をお返しします。
  • 実費の精算をしていただきます。

「業務の遂行」へ戻る

示談書等の書類作成に関する業務遂行の流れ

<示談書等の書類作成に必要な情報聴取>

  • 示談書等の書類への記載をご希望される項目、内容について、お聞きします。
  • お客様のご希望をお聞きした後、示談書等の書類を作成するうえで知っておかなければならない事項について、法的知識と経験に基づいて、お話しします。

矢印

<示談書等の書類の作成>

  • お客様との話し合いの結果に従って、示談書等の書類を作成いたします。
  • 作成にかかる日数は、通常、2日から4日です。

矢印

<作成した示談書等の書類のお渡し>

  • 作成した示談書等の書類をご提示し、内容についてご確認していただきます。
  • 修正をご希望される場合は、基本的に、その場で修正いたします。
  • 示談書等の書類をお渡しした時点で、当事務所へお支払いしていただく費用のうち、着手金を除いた残金について、精算していただきます。

矢印

<公正証書作成手続き>

  • 当事務所が、公証人役場での公正証書作成に必要な事前準備手続き(公証人との事前の打合せ、公正証書作成期日の決定)を代行いたします。
  • 公証人役場で公正証書を作成する当日、基本的に、当事者がそろって公証人役場へ出頭していただかなければなりません。
  • 当事者のうちのどちらか又は両名が当日出頭できない場合は、当事務所が代理で出頭し、嘱託代理を行いますので、事前にお申し付けください。
  • 公正証書を作成するためには、当事者それぞれの「印鑑証明書」が必要になりますので、事前にご準備してください。
  • 示談書等が完成した後、公正証書作成期日まで、最短で2日です。

「業務の遂行」へ戻る

ご依頼の流れ(ネットサービス)

<お問い合せ・ご依頼>

  • メール又はお電話にて、お問合せ又はご依頼していただきます。
  • 文書の受け渡しは、基本的に、メールを利用して、データのやり取りにより行います。また、ワードファイルを利用しますので、ワードファイルを閲覧可能な、メールアドレスをお知らせください。なお、郵送も可能なので、ご希望の方はお知らせください。

矢印

<文書作成に必要な情報のお知らせ>

  • 当事務所から文書作成に必要な項目をあげた資料をお送りします。
  • 資料にある質問事項にお答えいただたうえご返信していただきます。
  • 資料にない事項について質疑応答いたします。

矢印

<書類の作成>

  • ご回答の内容にしたがい文書を文書(案)として作成します。
  • ご回答を頂いた後2日以内に作成・送付いたします。
  • 何度でも修正に応じます。
  • ご依頼の文書に関連するご質問にお答えします。

矢印

<文書の完成>

  • 完成した文書を送付いたします。

矢印

<料金のお支払い>

  • 当事務所指定の振込先へ2週間以内に料金をお振込みいただきます。

ページの先頭へ